Bitget(ビットゲット)取引単位の設定ガイド [数量単位、コスト価格、名目値]

Bitget先物取引における数量単位、コスト価格、名目値とは何ですか?

Bitgetでコインを購入する場合、3つの方法で行うことができます。

Bitget取引単位設定ウィンドウ

上記の赤いボックス内のUSDTをクリックすると、下に取引単位を設定するウィンドウが表示されます。

Bitget取引単位設定ウィンドウ

これらの三つは数量単位、コスト価格、名目値です。 それぞれを見てみましょう。

1. 数量取引(Quantity Trading)

Bitget数量単位選択画面(Bitget取引単位設定)

まず、数量単位は、購入するコインの数を決定して取引する方法です。

例えば、Bitcoinの価格が30,000 USDTの場合、購入ごとに30,000 USDTが支払われます。 ただし、これはレバレッジなしの場合です。 つまり、レバレッジをかけずに1倍での購入を基準としています。

Bitget数量単位購入画面

上記のスクリーンショットでは、レバレッジが10倍なので、1 Bitcoinの購入には価格の1/10の金額がかかります。

数量単位を選択し、2倍以上のレバレッジでBitcoinを購入する場合、実際の投資額は以下の式に従って計算されます。(Bitcoinの価格が30,000 USDTと仮定) (Bitcoinの価格が30,000 USDTと仮定)

[ 30,000 USDT / レバレッジ倍率 ]

レバレッジ倍率が10倍の場合、30,000 USDT相当の1 Bitcoinを購入するために3,000 USDTがかかります。

2. コスト価格(Cost Trading)

Bitgetコスト価格選択画面(Bitget取引単位設定)

コスト価格は、文字通りコスト価格に投資する方法です。

Bitgetコスト価格購入画面

コスト価格ウィンドウに注文を出すと、入力した金額に応じて投資されます。

Bitgetコスト価格購入画面

上記のスクリーンショットでは、100 USDTの注文を出すと、手数料などを除いた97 USDTが投資されることがわかります。

3. 名目値取引 (Nomianl Value Trading)

Bitget名目値選択画面(Bitget取引単位設定)

名目値は、レバレッジが適用された金額で投資する方法です。

名目値取引画面

例えば、100 USDTでBitcoinを購入する場合(購入本数は1より小さいでしょう。)、100 USDTの金額で投資するのではなく、以下の計算式に従って投資額が計算されます。

投資額 / レバレッジ倍率

10倍の名目値投資画面

上記のスクリーンショットは、上記の100 USDTを名目値で購入した後のものです。コスト価格取引とは異なり、100 USDTを10倍のレバレッジで割ることで、手数料などを除いた約9 USDTが投資されました。

10倍のレバレッジで100 USDTを使う場合、コスト価格(cost)と名目値(Nomianl Value)の違いは次の通りです:

コスト価格取引(コスト価格) – 10倍のレバレッジを使用して100 USDTのコスト価格で1000 USDTを回転させる

名目値 – 10倍のレバレッジを使用して100 USDTのコスト価格で約10 USDTを回転させる

以上でBitget取引単位の設定について理解が深まることを願っています。

コメントする